保育園の担任の人数

保育園では、0歳から5歳の子供を預かります。

家で子供をみるときには、0歳でも、5歳でも、
メインに世話をするのがお母さんであれば、
1人の子供を1人で面倒を見るのが当たり前なのですが、
保育園ではそうはいきませんよね。

保育園が先生と子供のマンツーマンなんてありえません。
ベビーシッターじゃないですからね。(^^;;

だからと言って、10人の0歳児を1人では見れません。
ミルク、オムツ、泣き出す子もいて大変です。
でも、10人の5歳児ならどうでしょう?
自分で出来ることも増え、言葉も理解できるので
1人でも手が足りるものです。

このようなことから、
保育園では、1クラスを見る先生の人数が増減します。
先生の数と1クラスの園児の数が合うように、
担任の人数は決められているのです。

保育所保育指針に定められた基準を紹介しますね。













乳児乳児3人に1人以上
満1歳以上〜3歳未満幼児6人につき1人以上
満3歳以上満4歳未満幼児20人につき1人以上
満4歳以上幼児30人につき1人以上

>> 保育士の通信講座と言えばこちらのサイトが有名ですよね

関連エントリー

 
Copyright © 2012 保育士の資格試験とお仕事ガイド. All rights reserved