保育所保育指針とは?

保育士になりたい人が、必ず心に刻まなくてはならないもの、
それは、保育所保育指針と呼ばれるガイドラインです。

これには、保育の理念や、保育園の経営に関すること、
保育の方法などを細かく決められていて。
よりよい保育の現場にしようと、
初版は1965年に作成されました。
もちろん時代に合わせて、何度か改定されてきています。

いわば、保育園のガイドラインにあたるものですね。

保育所保育指針の基本となっている考え方は、教育と養護です。
幼稚園にもこのような指針があるのですが、
幼稚園は、教育が基本的な考え方として
取り上げられているのが、大きな違いでしょう。

しかし、年々、保育園と幼稚園の指針が歩み寄る傾向があり、
一元化の流れ進んでいるようです。

ぜひ一度、声に出して読んでみることをオススメします。
保育の基本、あたりまえのことに、
ハッキリ気付かされることでしょう。

>> 保育士の通信講座と言えばこちらのサイトが有名ですよね

関連エントリー

 
Copyright © 2012 保育士の資格試験とお仕事ガイド. All rights reserved