認可と認可外の違い

保育園のニュースなどででよく話題になる
「認可保育園」と「認可外保育園」この違い解りますか?

認可外のが悪いというか、
ちょっと後ろ髪をひかれるようなイメージありませんか?

でも、ここで使う意味の「認可外」とは、
悪い意味では全くないので、
誤解のないようにしてくださいね。(^^)

まず、認可保育園は、保育士の人数や建物の広さなど、
国が決めた一定の基準を満たしている保育園です。
入園の手続きや、保育料の決定は、
それぞれの市区町村の役場が受け持ちます。
運営費も、国や都道府県、市区町村から支払われます。

認可外保育園は、国の認可を受けない代わりに、
独自で入園の手続きや、保育料の決定を行っています。
認可外保育園の最大のメリットは、
短時間だけの預け保育や、深夜の保育などが可能な点です。
様々な要望に柔軟に対応して
認可保育園では対応できないケースを受け入れています。

>> 保育士の通信講座と言えばこちらのサイトが有名ですよね

関連エントリー

 
Copyright © 2012 保育士の資格試験とお仕事ガイド. All rights reserved