筆記試験の内容

脅すようですが、保育士資格試験は、とても難しいと評判です。

それはなぜかと言いますと、保育士の資格試験の内容は、
保育士養成学校で学ぶ分野の勉強を
全て網羅しなくてはならないからです。

試験は、夏と秋に行われます。
夏に筆記試験、秋には筆記に合格すると実技試験があります。

まず、筆記試験の分野は、8つの分野があります。

社会福祉、児童福祉、発達心理学・精神保健、小児保健、
小児栄養、保育原理、教育原理/養成原理、保育実習理論

8つの分野それぞれに6割以上の正解で、
全てに合格しなくてはいけません。

これは、とってもタイヘンなことですが、
1年で全て合格しなくても大丈夫なんですよ。
1年目に不合格だった科目は、
2〜3年目に全て合格を取れば、
筆記試験を突破することが可能です。

>> 保育士の通信講座と言えばこちらのサイトが有名ですよね

関連エントリー

 
Copyright © 2012 保育士の資格試験とお仕事ガイド. All rights reserved