認可外保育園と待機児童

認可外保育園は、都市部ほど数が多く見られます。

働く人が多ければ、保育園へ入園を希望する子供が増えますが、
子供の数に併せて、どんどん保育園の数を
増やし続けることも、カンタンにはできません。
しかし、既存の保育園でも、子供を預かる数は決まっていて、
全員を預かることは不可能なのです。

このように、園に入りたいけれども
入園の時期にスムーズに入れない子供を待機児童といいます。
いわゆる「保育園の空席待ち」状態で、
待機児童はしている子供が
全国で2万人いるとも言われています。

働きに出たいけれども、子供を預ける認可保育園は待ち状態。
こんな時に、子供を預けることができる場所といえば、
認可外保育園になってくるのです。

最初は「仕方なく」かも知れませんが、
その園が子供にあっていて、そのまま通園する子供もいます。
保育料は、どうしても認可保育園より高くなってしまうので、
一時的に利用する人も多いのですが、
認可外保育園が、認可保育園を支える構図が見受けられます。

企業の中にある職員のための保育施設は、
認可外保育園がほとんどです。

>> 保育士の通信講座と言えばこちらのサイトが有名ですよね

関連エントリー

 
Copyright © 2012 保育士の資格試験とお仕事ガイド. All rights reserved