仕事場は保育園だけではない

保育士といえば、保育園!だけじゃないんですよ。(^^)
保育園以外に、保育士が働いている場所を見てみましょう。

【児童養護施設】
理由あって保護者(両親や祖父母)と暮らせない
2歳〜18歳の子供を受け入れて、自立を手伝う施設です。
様々な年齢の子供を一時的な預かりではなく、
親代わりの立場で接し、支えていきます。

【乳児院】
家庭で育てることが困難な0歳〜1歳の乳児を、
一時的に引き取って育てる施設です。

【母子生活支援施設】
母子家庭を支援する施設で、母親と子供が入ります。
子育てを助けなら、自立を支えます。

【知的障害児施設、通園施設】
知的障害のある子供を支える施設で、
保育士は、生活習慣を教えて、自立を支えます。

【盲ろうあ児施設、通園施設】
目が見えない、耳が聞こえない子供達に、
保育士は、生活習慣を教え、自立を支えます。

この他にも、肢体不自由児施設・通院施設、
重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設、
児童自立支援施設、児童厚生施設、
家庭指導支援センターなどなど。

保育士は、本当に様々な職場で活躍していますが、
どこも、子供をサポートする役割を主に担うのですね。

ただ、育園と大きくちがうことは、
施設で暮らす子供にとって、施設は「家」です。
保育士も寝泊りして、一緒に夜を過ごす日もあるんですよ。
子供の年齢も、幼児だけでなく、
小・中・高校生と、とっても幅広くなります。

>> 保育士の通信講座と言えばこちらのサイトが有名ですよね

関連エントリー

 
Copyright © 2012 保育士の資格試験とお仕事ガイド. All rights reserved